FC2ブログ

大安吉日

0630.jpg
大安吉日。レッカーの手配も、材木やさん、建材やさん、大工さんに御施主様
みんな楽しみにしていただろう建方
朝から降りだした雨は、予想に反して昼まで降り続けました
1階の柱を立てて、梁をかけてみたものの
さすがに2階を組むわけにはいきません
午前中で切り上げてもらいました

建方の必須アイテム「かけや」
大きな木槌。大工さんが梁をテンポよく叩きます
でも1本曲がっているかけやは、叩くのにも難しそう
スポンサーサイト

足場組

0629.jpg
雲行きが怪しい中での足場組
若い二人の職人さんが手際よく組み上げていきます
建物が無いのに、建物を想像しながらトンカチを叩きます
不快指数90%を超えるだろう、この蒸し暑さ
それでも1日で組み上げてくれました

土台敷き

06281.jpg
梅雨入り本番
昨日からの雨で、敷地内は泥んこ状態
大工さんもおNEWの長靴で登場です
墨出しをして、通りを確認
アンカーボルトの建入を直して
基礎パッキンを入れたところで
雨・・・
大工さんはカッパを着て
土台を敷いていきます
根太レスなのでパタパタと組んでいくものの
雨は体力を奪います
レベル調整をして完了

大工さん、風邪ひかないでね

基礎工事 完了

0626.jpg
布基礎のコンクリートを打設して4日目
型枠をばらして、玄関の土間を打設して
いよいよ来週は建方になります
裏側の敷地が目一杯なので、建物が出来る前の
設備やさんの配管工事を進めます
今のうちなら、小さいユンボならスムーズの掘ることが出来ます

梅雨といいつつ、好天が続いた今週でしたが
来週からは悪くなるみたい
建方の日は晴れますように

鬼怒川温泉

0625.jpg
今日は鬼怒川温泉のとあるホテルの打合せ
早めに終わったので、去年に完成したらしい鬼怒楯岩大吊橋へ
総工費13億円なり
長さ140mの歩道用の橋を往復して・・・おしまい
街の中から外れて、目の前のホテルはつぶれてしまい、
少し寂しい環境ではありますが、この景色
天気がいい日は、人気もないので穴場スポットでは

近くに御寄りの際には、是非立ち寄ってあげてください

照明

20100624.jpg
地元鹿沼での現地調査
昔家だったものを改造してレストランにと
僕よりずっと若いオーナーさんのイメージを
できるだけ沢山お聞きしてからの
スタートとなります

予算の都合上もあって、豪華には出来ないけど
レトロな感じであれば出来ないこともない・・・かもしれない

2階の和室に1つ
いい感じの照明器具、昭和の匂いがしてきそうな
可愛らしい照明でした

豪華なランチ

0623.jpg
今日はとあるホテルでのランチになりました
とはいっても、料理長が腕を奮っての二人だけのランチを作って頂きました

こんな器で何が来たんだろうと思いきや
お・す・し
美味しいものを食べたときは、笑ってしまいます

そのあとに出てきたのは田沢牛のステーキ
またまた笑ってしまいました

料理長、素晴らしいランチ御馳走さまでした
僕も、このホテルでいい仕事が出来るよう頑張ります

秋保温泉

0622.jpg
今日は秋保温泉のとある旅館の現地調査
宇都宮からだと2時間半。ぎりぎり職人さんの通える範囲でしょうか
2時間半の打合せと調査を終え、宇都宮に帰りました

画像は秋保里センターにあるご当地のゆるきゃら「むすび丸」
知名度はどうなんでしょう
でも平日なのに秋保温泉は混んでいました

コンクリート打設

0621.jpg
梅雨の時期、コンクリート打設日を設定するのは意外と大変
雨の日はさすがに出来ません
天気がいい日と分かると、他業者さんも同じく打設したいから
手配をするのも大変です

本日、布基礎のコンクリート打設
曇り空にしては暑い一日になりましたが、アンカーボルトの位置を確認して
生コン車に、コンクリート圧送車が来て、いよいよ打設です
バイブを使ってジャンカが出ないように手際良く打設しないと
コンクリートが固くなってきます

コンクリートを打設して、次の日には型枠をばらして、その次の日には
木を載せている業者さんをよく見かけますが、
コンクリートは徐々に固くなってきます
きちんと養生期間をとってから、木を載せましょう

現場の窓から

0619.jpg
今日は、ひたちなかの住宅の現場です
海を一望できる2階は、海無し県に住む僕にとっては憧れの景色
昨日は山奥での仕事だから、余計に感じます

手摺がつくと見えなくなるから、いっそのこと無くてもいいのに
バルコニーで申請すると手摺は必要だけど、
陸屋根と言えば手摺は不要
言い回しで法律も変わります

昨日、一昨日と塩原で夜通し働いてくれた大工さん
今日は5時30分に家を出て、ひたちなかで床張り
ありがとうございます
日曜日も宜しくお願い致します



粋な大工さん

0618.jpg
塩原新湯温泉、2日目
職人さんは、4時まで作業したのにかかわらず8時には工事再開
今晩宿泊されるお客様のチェックインは15時
のこり7時間の勝負です

画像はうちの大工さんの車
60歳をこえた匠の職人が乗っている車には見えません
ちょっとフロントガラスにひびが入ってますが
お気に入りの車だそうです

塩原温泉

0617.jpg
今日は塩原温泉、正式には奥塩原新湯温泉でのお仕事
画像は、すぐ近くの湯花畑と噴火口の写真
硫黄の香りが立ち込める中での改修工事になります

御客様がチェックアウトした10時からのスタート
解体工事に、下地工事、造作工事に電気工事・・・あわただしく職人さんが動きます

この時、朝方4時までかかるとは、思いもしませんでした

鉄道定規

0616.jpg
まだ自分が社会人になりたての頃はCADの存在はあっても、ドラフターで手書きの時代でした
もちろん曲線も手書き。半径の小さいものはコンパスで描けても
微妙な曲線はこの鉄道定規が必須でした

今はCADでどんな曲線も描けて、この鉄道定規は使うことは無くなってしまった

きっと使っていない定規も、まだこの中に沢山あっても
捨てることの出来ない逸品です

配筋検査

0615.jpg
今日はK様の配筋検査
瑕疵保険の第3社による検査となります
土間はD13の@200だし、布基礎はちゃんとフックも付けていますよ
30分程の検査も合格し、コンクリート打設に向けて準備

建物の中央には、地鎮祭で神主さんからお預かりした鎮物を設置し
給排水の配管をセットすれば、完了です

幻のK様邸

0614.jpg
今日は朝から雨が降り続き、事務所で図面描き
自分のエリアを整理をしていると、幻のK様邸の模型と図面がでてきた
模型といっても工作用紙で作るので、材料費は20円なり
約3時間かけての力作だったんですが・・・残念ながらボツ
中2階からリビングを見渡せたり、ちょいと遊び心を入れて
若い施主様にも受け入れられたんですが・・・ボツ

残念



建材フェア

0612.jpg
日光の現場の帰りに、宇都宮IC近くであった建材フェアに参加
地元の工務店さん向けのメーカーの展示会で
50社以上のメーカーが集まるとあって、中ではド演歌が流れる中、大盛況
うちの大工さんと一緒に廻ると、キッチンやら外壁にまじって
銘木やビスの販売もあって、意外にたのしい
下穴不要で、5mmの鉄骨にビスがきく優れものもあったりする

不況のあおりか、県内の来年の予定は無いとのこと

無料配布のジュースと焼そばで昼食を済ましました

根切り工事完了

0611.jpg
地鎮祭を終え、早6日
丁張をかけて、仮設電気に、公設桝の設置に、仮設トイレ・・・と仮設工事が続きます
GL高さを決め、ユンボが来て穴掘って、砂利入れて、転圧して
基礎工事担当の鈴木土建さん、なんといっても手際がいい
この調子でお願い致します

今日で、電気やさん、設備やさん、リース屋さん、材木やさん、基礎やさん
ひとつの家を創るにも沢山の職人さんが携わります


神楽坂

0610.jpg
今日は東京出張
ランチは「神楽坂 久露葉亭」の囲いせいろ御膳
・季節の小鉢
・天婦羅盛り合わせ
・塩出汁そば
・岩中豚のせいろ蒸し
・御飯
・香の物
・甘味
岩中豚は、とても柔らかくて美味しかった
旧料亭を改装して作られたお店で、昭和のにおう落ち着きのあるいいお店でした

神橋

0609.jpg
「しんきょう」と読む、日本三大奇橋の一つ。と呼ばれるときもある
現場から橋を眺めると、よく修学旅行生が橋を渡っている
でもよく見てみると橋を渡っても、すぐ引き返してくるのだ
そう出口は橋の反対側にはないから

橋を渡って、引き返して300円なり

渡ったことはないけど、改修工事のときに足場を組んで橋の下を歩かせてもらった
そうそう間近では見られないから、意外と楽しかった

今日はいい天気だし、違う橋から見る神橋もいい感じ



宿窓から

0608.jpg
今日は世界遺産の日光でのお仕事
とある旅館の改修工事・・・いよいよ最終段階です
神橋からも見える一等地に建つ旅館も客室から眺める風景は意外にいい
たくさんのお客様が、ご利用していただけますように
今日は、さすがに点滴を受けたばかりの身体には、ちょいとキツイ一日でした

風邪

0607.jpg
土曜日の夜から寒気が・・・朝起きるとあちこちの節々が痛い
ノドを見てみると超~真っ赤、体温を測ると39.8度
日曜日まる1日寝ていても体温は下がることはなく、今日ようやく病院に
「これじゃ、ご飯も食べられないだろ」・・・その通りです
久しぶりに、点滴をうけました

今回の風邪は本当に身にしみました
http://aga-architecture.com

地鎮祭

0605.jpg
今朝の雷雨が嘘みたいな天気の中、地鎮祭が滞りなく無事取り行われました
いつもお願いする神主さんは必ず始まる前に、説法を説いてくれます
宗教的なことや難しい言葉は使わず、心に届くお話しを・・・・
「身体があっての自分。親、先祖に1日3回感謝の念を抱くこと
 ついででいいから見た事もないけど仏様に感謝しよっ」とのこと
ん~簡単そうで、難しい

当社に設計依頼がきて半年
K様。うちに頼んで良かったと思える家を創りますよぉ
http://aga-architecture.com

レトロな金物やさん part2

0604.jpg
さらに奥へすすむと三菱印の「カシメ鋲」が売っている
なんとも男心をくすぐる「カシメ鋲」
でも気になる部分から無くなりそうな気がするけど
ハジから売れている・・・・
カタブツで少し奥手な職人心が、そうさせているのか

ちなみに1袋40円がマジックで消されてる
今、いくらなのか主しか分からない
http://aga-architecture.com

レトロな金物やさん

0603.jpg
県北に存在するとあるレトロな金物やさんは、温泉街の唯一の金物やさん
お店に入る前から沢山の金物を通り過ぎます
お店に入ると、綺麗に整頓されたとは言えない陳列棚に
あらゆる商品が置いてあります
長年、金物やへ通っている自分でも、何に使うんだろうと思う商品まで

アンティークショップのように、長時間徘徊したいところですが
主はちょっとご高齢・・・長居は禁物です
「写真撮ってもいいですか?」と聞くと、不思議そうな顔をして「ぃぃよ」と
快諾していただきました
http://aga-architecture.com

社窓から

0602.jpg
会社の窓からの景色は意外にいい
道路に面してはいるものの
パソコンからふと横を振り向くと
緑に囲まれている感じで和みます

でも最近、売地の看板が立ってしまった
市街化調整区域だから、一般の建物を建てることは出来なくても
売れてしまえば、何かしら建物が建ってしまうだろう

社窓からの景色がいつまでも変わりませんように
http://aga-architecture.com

ブログ開設

0601.jpg
HPを開設して2カ月・・・
そろそろブログをと思い、開設致しました
記念すべき最初の画像は
HPのトップページにある「one tree」

朝焼けの希望に溢れた景色に見えるひとも
夕焼けの物寂しい景色に見えるひとも
心休まる景色に見えるのでは

「心休まる家創りを」
デザインだけにこだわらず
安さ重視もいいけど、譲れないものもある
簡単そうで難しいのだ
http://aga-architecture.com

FC2カウンター
プロフィール

ka2

Author:ka2
栃木県の宇都宮市に
設計事務所と工務店が
合体したアガ設計工業

調理師の資格を持つ
謎の一級建築士が書く
ヒトリゴト

趣味は空手
目指すは
1級施工管理技士の
フルコンプ

あちこちに顔を出します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR